本文へ移動

新着情報

営農販売園芸事業トピックス

2020.06.19 地理的表示保護制度(GI)「東根さくらんぼ」品評会

地理的表示保護制度(GI)「東根さくらんぼ」の品評会が6月19日、東根選果場を会場に行われました。パック詰の部15点、バラ詰の部72点、合計87点が出品されました。「東根さくらんぼ」が2017年に地理的表示保護制度(GI)に登録されて以来、毎年東京で行われてきた品評会でしたが、コロナウイルス対策として4年ぶりに地元での開催となりました。
品評会の翌日には東京の豊洲市場で入賞品の競りが行われました。パック詰の部最高賞の「佐藤錦」が1㌔60万円で競り落とされ、昨年の1㌔55万円を上回る過去最高値、バラ詰の部最高賞の「佐藤錦」は、昨年より5万円高い1㌔15万円で競り落とされました。

2020.07.28-29 令和2年7月豪雨、甚大な被害発生

令和2年7月28日から29日にかけての豪雨により、最上川水系の広範囲にわたり、また管内においては、白水川の堤防決壊など大きな災害が発生しました。
東根市内の西部地域を中心に水没被害が発生し、また、東部地域でも被害が多数発生しました。当JAといたしましては、被害地域の復旧と樹体維持のための対策、指導の取組を進めています。被災生産者の皆様には、「あせらず、気もまず、安全第一での作業実施」、また、「品質維持、向上」に向けた栽培管理の徹底について、ご尽力をお願いしているところです。
今後も、長雨、豪雨、猛暑などの対策を含めて、経営安定化のためのお手伝いに引き続き取り組んでまいります。

2020.08.27 「川中島白桃」果実品評会

8月27日、東根共選場で大玉の桃「川中島白桃」の果実品評会を開催しました。県内一の桃の生産地である東根市の主力品種「川中島白桃」生産者の技術向上を目的に毎年開いているもので、各支所管内から18品が出展されました。
品評会終了後は同JAのファーマーズマーケット「よってけポポラ」で展示即売会を開き、来店客は次々と足を止め、販売開始からわずか30分で完売しました。

2020.12.16 みちのく初桜「啓翁桜」出発式

12月16日、東根市高崎地区にある「さくらセンター」で、2020年度の花木「啓翁桜」の出発式を行いました。
真冬に開花するよう温湯処理を行い、2週間ほど温度管理した「啓翁桜」は、緑色の花芽を膨らませて、この日の出荷を迎えました。
これから年末まで順次出荷が行われ、正月には可憐なピンク色の花を咲かせ、全国の皆様のもとへ一足早い春をお届けします。
この時期は室温も低いことから数週間は花を楽しむことができるため、人気があり、葉桜まで楽しむベテラン愛好家もいるほどです。


加温さくらんぼ有利販売祈願祭(2021年1月26日)

佐藤組合長あいさつ

土田東根市長あいさつ

須藤加温さくらんぼ生産組合長あいさつ

ほら貝吹鳴

森谷加温さくらんぼ生産組合副組合長による献杯

東根市農業協同組合
〒999-3707
山形県東根市
新田町2丁目1番10号
TEL.0237-43-1111
FAX.0237-43-1110


TOPへ戻る